ホーム>スタッフブログ>林社長の介護リフォーム日記

林社長の介護リフォーム日記

【兵庫県福祉用具展示ホール】車椅子・ベッド・歩行器・お風呂入浴・トイレ展示

福祉用具・介護用具どんなものがあるか知りたい方は、一度行ってみて下さい。

 

兵庫県立 総合リハビリテーションセンター

研究・研修施設

福祉のまちづくり研究所

1階 福祉用具展示ホール

 

〒651-2134

兵庫県神戸市西区曙町1070

078-927-2727

兵庫県総合リハビリテーションセンター内

アクセスMAP

館内MAP

 

 

福祉用具展示ホール

平成28年1月リニューアルオープン!

  • 高齢者・障害のある方の自立支援
  • 介護従事者の負担軽減
  • 介護現場の人手不足の問題解決
  • 最新のロボット技術を用いた介護機器の体験
  • 心身機能・住宅環境に適した福祉用具の選定
  • 住宅改修の支援
  • 福祉、介護に関する情報の提供

開館日

月曜日~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く)

 

開館時間

9:00~17:30

 

相談日

月曜日~金曜日

 

福祉用具の販売はしていませんが、色々な介護用具が展示してありますので実際に見てさわって決めることが出来ます。

 

【展示内容】

事務相談受付

福祉用具や住宅改修に関する相談

 

車いす

普通型車椅子、電動車椅子など

 

段差解消

・車椅子のまま昇降できる段差解消機

・椅子に座って昇降するタイプ

 

ベッド・移動補助

・各メーカーの代表的なベッド、マットレス等を展示

歩行支援

・歩行器

・杖

・靴

入浴支援機器

浴室内の移動手段のひとつとして

・後づけの天井走行リフト

・水廻り関係

 

入浴支援

・浴室への移乗リフト

・シャワーチェアー

・滑り止め

・浴槽内福祉用具

排泄支援機器

・ロボット技術排泄支援

・ポータブルトイレ

 

食事支援・自助具

・スプーン

・つめきり

・リーチャー

 

コミュニケーション支援

見守り支援機器

 

 

201852103955.jpg

 

 

(公社)兵庫県建築士会 加古川支部【バリアフリー研修】講師を努めます

バリアフリー研修会のご案内 

主催(公社)兵庫県建築士会 加古川支部

 

講師を努めさせていただきます。

皆様、ぜひ、ご参加下さい。

 

  • 脳出血により半身麻痺や言語障害がある。
  • 介護者の負担の軽減を図りたい。
  • 自立した排泄がしたい。
  • 車いすで楽に生活できるようにしたい。
  • 安心して家族を見守りたい。

 

住み慣れた自宅で障害を抱えながらも前向きに暮らす

住宅リフォームについて一緒に考えてみませんか。

研修会では簡単な演習も予定しています。

お忙しい時期ですが新たな分野を拡大しては如何でしょうか。

少しの時間でもご参加ください。

 

 1.日 時    平成30年2月20日(火)

       18:30~20:30 

       (受 付 18:15~)

 

2.会 場    東播磨生活創造センター(かこむ) 1階

       講義研修室 加古川市加古川町寺家町天神木97-1

       JR加古川駅前徒歩5分(兵庫県加古川総合庁舎内)

 

3.内 容   目指すは、自立と介護の家づくり

      「高齢者、障がい者と暮らす住まいづくり」の提案

 

4.講 師   林 友宏  (株式会社 林工務店 代表取締役)

       NPO法人ケアリフォームシステム研究会 会員

       高齢者、障がい者の自立、介護者の負担軽減を図るため、

       医療・福祉介護者ではできない住環境整備や福祉機器の

       活用を専門家の立場から提案。

 

5.定 員   60名

 

6.参加費  500円

 

7.申込み   参加申込書に記入のうえFAX又はEメールでお申込み下さい。

       FAX:079-443-7474 

       Eメール:kaizuka-yahata@shore.ocn.ne.jp

       参加申込書

       201821143032.docx

 

8.締切り  平成30年2月19日(月)

      ( 定員に達した場合は期限内でも締切ります。)

 

9.問合せ

 (公社)兵庫県建築士会加古川支部事務局

  支部長 矢幡 稔 氏  高砂市末広町4-1 ㈱

  貝塚工務店内 TEL:079-443-1230

 

 

 

 

201821142225.pngのサムネイル画像

 

 

 

【介護トイレのお悩み】におい・後始末『水洗まる®』が解決します!!

ご家族の介護をされている方

介護事業所関係者の方

・ポータブルトイレのにおい

・排せつ物の後処理

・オムツ代の経済的負担

にお悩みではありませんか?

 

介護現場で1番のお悩みはトイレです。

介護経験者(本人・あるいは家族)の

696人のうち60%以上の方が

排せつ時の付き添い

オムツ交換で苦労したと回答しています。

~平成25年8月内閣府大臣官房政府広報室世論調査より~

【介護で苦労したこと】

  • トイレ介護を頼むのが、いつも申し訳ない
  • トイレが遠いからつい我慢をしてしまう
  • 従来のポータブルトイレはくさいし、後始末が嫌
  • オムツにしてから母の元気がなくなった
  • 夜中のトイレ介助は負担が大きい
  • オムツ代の経済的負担

このように、

介護される方にとっても、する方にとっても

トイレは重要な問題です!

【水洗まる®】はベッドサイドに置ける水洗トイレだから、

介護のお悩みをスッキリ解決!!

 

【特徴】

  1. 和室や2階にも設置OK!場所を選びません!

  2. 水洗で排泄物を処理!お部屋がにおいません!

  3. 低コスト実現!経済的な負担軽減!

高齢でトイレまで行くのが遠くてつらいけど間取りを変更するのは高額になるからと我慢している方にもオススメのトイレです。

 

どこにでも設置できるので

例えば

2階のクローゼットをトイレに改装したり

上下水道があれば家から離れた田畑にも設置できます!

【水洗まる®】がどこにでも設置できる理由は?

トイレ後部に接続された

粉砕圧送ポンプ『ドレア400N』に秘密があります。

 

201813010478.png

粉砕・・・強力な粉砕刃が排泄物とトイレットペーパーを

    液状になるまで粉砕。

    細いホースで排水ができるので工事が簡単に!

圧送・・・ポンプの力で一気に最大50m先まで圧送するため、

    勾配も気にせず、2階にも設置OK!

    排水ホースを伸ばしてどこにでも設置できます。

 

 

 

林工務店が所属している

『自立(律)と介護の家づくり』を目指して、

2002年に発足した全国の工務店による事業団体

【NPO法人ケアリフォームシステム研究会】

『水洗まる®』チラシ

20182111214.jpg

 

201821112151.jpg

 

201821112228.jpg

201821112444.jpg

 

 

『水洗まる®』は、

【NPO法人ケアリフォームシステム研究会】の会員工務店が窓口です。

林工務店は『水洗まる®』取扱店です。

会員企業一覧

 

お問合せは

0120-884-728 までお電話ください。

 

2018年2月24日(土)

『介護リフォームのいろいろ相談会』開催

詳しくはこちらをご覧下さい

 

 

『福祉住環境コーディネーター 2級』に合格しました!!

『福祉住環境コーディネーター 2級』に合格しました!!

林工務店では 高齢者や障碍者の方の自立(自律)を支援し

ご家族の介護負担を少なくする 介護リフォームをご提案しております。

 

【福祉住環境コーディネータの役割 】

やさしさあふれる環境づくり

福祉住環境コーディネーターとは?

高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。

医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門知識と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。

また、福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。

福祉住環境コーディネーターの主な役割

  • 福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス
  • 介護保険制度下での住宅改修に係わるケアマネージャーとの連携
  • バリアフリー住宅への新築・建て替え、リフォームにおけるこーディネート
  • 福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報提供

福祉住環境コーディネーター2級の基準

3級レベル(福祉と住環境の関連分野の基本的な知識についての理解)の知識に加え、福祉と住環境などの知識を実務に活かすために、幅広く確実な知識を身につけます。
また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力を求めます。

  • 介護、医療、福祉、建築、福祉用具に関する専門の知識を身につけ、それらを適用できるまで深く理解している。
  • 福祉住環境に関する様々な問題点を抽出でき、クライアントのニーズ、経済的状況、福祉制度、住宅環境、福祉用具を総合的に勘案し、各専門職と連携し最適な解決策を提案できる知識・技能を有している。

 

第15回NPO法人『ケアリフォームシステム研究会全国大会』に参加しました

第15回NPO法人

『ケアリフォームシステム研究会全国大会』に参加するため

広島まで行ってきました。

 

2017年11月18日(土)~19日(日)の2日間です

 

学生福祉部門

課題部門

単位空間部門

大規模新築部門

 

でのケアリフォーム大賞の発表があり

各社の事例を見せていただき、とても勉強になりました。

 

今後のケアリフォーム計画の参考にさせていただきます

 

201712209311.jpg2017122093130.jpg

林社長の『介護リフォーム』日記201707

2017年7月~

『武藤塾』の塾生として

『ケアリフォーム』の勉強をしています。

ケアリフォームの勉強をする事で日常生活にご不便を感じていらっしゃる方に快適な住まいづくりのご提案が出来ればと思っています。

 

一般住宅のリフォームとは異なり、障がいや病気の症状に対応したオーダーメイドな発想と工夫、福祉機器を取り入れた住環境の整備のためには、専門知識や特殊な施工技術が必要です。
武藤塾では、それらを学ぶためのカリキュラムを用意し、ケアリフォームの技術と心を学ぶための勉強会を開催しています。障がい児(者)・高齢者の自立を第一に考え、在宅介護者の負担を軽減するために病院やご家族・介護者の方には出来ない、住環境整備や福祉用具の活用を交えた提案や施工方法などの講習です。
2002年に第一回の武藤塾を京都・福岡の数名の塾生でスタートし、その後2期生、3期生〜17期生と回を重ね、現在では武藤塾出身のケアリフォームの工務店は北海道から沖縄まで広がっています。
法人・個人を問わず全国から参加できる勉強会です。

 

【カリキュラム内容例】

  • 障がいの種類と症状の把握
  • 現在の身体能力と、これからの進行状況など個々の状況を把握し最も適した住宅改修方法
  • 当事者・介護者だけではなく、同居される他の家族との物理的(時間・空間)状況を考慮した住まいづくり

 

『ケアリフォーム』とは・・・

障がい児・障がい者、高齢者とそのご家族の方々が安心・安全に暮らせることはもちろん、自立(律)を促し“やる気”と”できる”を作るための住まいを考える「ケアリフォーム」は、今後ますます必要とされる設計・施工分野です。

 

201710610551.jpg

  • ローン・補助金 住まいに関するお金のお得情報 林工務店では、補助金サポートもしています
  • 空家管理でお困りの方!
  • 住まいのリフォーム費用をクレジットカード・ローンで支払えます。
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル 0120-884-728