ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記>節水トイレ・給湯器・浴室のリフォームを考えている方必見!補助金がもらえる条件
スタッフの日記

節水トイレ・給湯器・浴室のリフォームを考えている方必見!補助金がもらえる条件

今回ご紹介するのは、

【住宅ストック循環支援事業】補助金で

窓やドアなどの開口部を断熱したり

節水トイレ・高断熱浴槽・高効率給湯器を

設置するリフォームで補助金がもらえるというものです!

 

トイレを節水タイプに

給湯器をエコキュートやエコジョーズに

浴槽を高断熱浴槽(サーもバスS)に

することで水道・光熱費の節約ができるうえに

補助金までもらえるのです。

この機会にリフォームを考えてみませんか?

 

【住宅ストック循環支援事業】概要

耐震化を高め、エコ住宅に長く住んでいただくために

持ち家の省エネ性能を向上させるリフォームに対して

補助金がもらえます。

リフォーム後の住宅が耐震性能を有する事が条件ですので

昭和56年6月以前に新築されて今までに耐震工事をして

いない建物は耐震改修が必須となりますので、ご注意下さい。


エコリフォーム必須工事は

『開口部の断熱リフォーム』または

『設備エコリフォーム』です。

 

『開口部の断熱リフォーム』

・内窓設置(大20,000円・中14,000円・小8,000円)

・外窓交換(大20,000円・中14,000円・小8,000円)

・ガラス交換(大8,000円・中5,000円・小3,000円)

・玄関や勝手口などのドア交換(大25,000円・小20,000円)

※上記補助額の合計金額が5万円を超える工事が条件

 

『設備エコリフォーム』

・節水型トイレ(24,000円)

・高断熱浴槽(24,000円)

・節湯水栓(3,000円)

・高効率給湯器(24,000円)

・太陽熱利用システム(24,000円)

※上記5つの内3種類以上の設置が条件

  開口部の断熱リフォームとの組み合わせなら

  1種類からでもOKです。

 

さらに上記工事とあわせて下記のリフォームをすれば、

さらに補助額加算!!

 

『バリアフリーリフォーム』

・出入り口幅拡張(30,000円)

・手すりの設置(6,000円)

・段差解消(6,000円)

 

『木造住宅の劣化対策』

・浴室のユニットバス設置(30,000円)

・脱衣室の耐水性仕上げ(8,000円)

・外壁の軸組み等及び土台の防腐防蟻措置(20,000円)

・土間コンクリート打設(120,000円)

・床下点検口設置(3,000円)など

 

『耐震改修』

・耐震改修工事(1戸あたり150,000円)

※旧耐震基準の建物は必須

 

《対象工事期間》 平成28年11月1日~平成29年12月31日(予定)

《補助金交付申請期間》 平成29年1月18日~遅くとも平成29年6月30日(予定)

※申請には工事着手前に「事業者登録」が必要です。

 

詳しくは下記チラシをご覧下さい。

 

お申込・問い合わせは

(株)林工務店 0120-884-728 まで

お気軽にどうぞ。

 

 

 

20161119115933.png

 

201611191208.png

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hayasi-k.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/353

  • ローン・補助金 住まいに関するお金のお得情報 林工務店では、補助金サポートもしています
  • 空家管理でお困りの方!
  • 住まいのリフォーム費用をクレジットカード・ローンで支払えます。
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル 0120-884-728