ホーム>スタッフブログ>介護リフォーム>二世帯あんしん介護リフォーム 認知症介護編
介護リフォーム

二世帯あんしん介護リフォーム 認知症介護編

85歳以上の方の「4人に1人」が発症するといわれる認知症。家族が認知症になり、将来が不安を抱えるご家族が増えています。そんな認知症の方を支える暮らしを想定した介護リフォームプランです。

認知症のケアで大切なのは、失敗しないように支援し、失敗しても責めることなく、自尊心を傷つけないこと。物忘れがひどくなり、俳諧するようになっても、さりげなく見守るような住まいにリフォームして、ご家族の介護負担の軽減をめざします。

 

認知症のご家族をさりげなく見守るプランです。

いつでも認知症の方の目の届く、オープンな間取り。

キッチンで料理の支度などをしながら、寝室の様子にさりげなく目配りできます。

202025113443.png

プランニングのポイント

202025113931.png

「おはよう」の声が届くオープンな間取り。

誰かがそばにいないと、寂しくて孤独を感じる・・・。そんな不安な感情も、認知症の症状の一つです。寝室からキッチンが見えるオープンな間取りなら、いつでも家族の姿が見えて安心。介助する側も

202025121929.png

自然とのふれあいが五感をやさしく刺激します。

明るい陽光が差し込む特等席に、寝室をレイアウト。窓を開けるとウッドデッキにつながり、いつでも外に出てアウトドアの心地よさを味わえます。自然とのふれあいを通じて五感が刺激され、認知症の緩和にも役立ちます。

 

 

202025122832.png

寝室からすぐ行けるので、トイレの場所を見失いません。

認知症になると、ものごとが思い出せず、トイレの場所が分からなくなることもあります。寝室近くにトイレがあれば、夜中でも安心して行けます。トイレの入り口に分かりやすく「トイレ」と貼り紙をするのも効果的です。

 

 使いやすさのポイント1

202025123232.png

使いやすさのポイント2

20202512349.png

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hayasi-k.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/445

  • ローン・補助金 住まいに関するお金のお得情報 林工務店では、補助金サポートもしています
  • 空家管理でお困りの方!
  • 住まいのリフォーム費用をクレジットカード・ローンで支払えます。
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル 0120-884-728