ホーム>スタッフブログ>新築二世>リノベーション
新築二世

リノベーション

「費用」「品質」「工期」で選ぶなら、リノベーション!

「一生に一度の買い物」だと思っていて家も、子どもたちが独立するなどの変化で、暮らしづらいと感じたことありませんか?

また、「きれいにしたい」「最新機能の設備に変えたい」と思ったり、耐震性や防犯・防火性などに不安を抱いたことはありませんか?

そんなときに考えるのが、「建替え」や「リフォーム」ではないでしょうか。「リフォーム」には「部分リフォーム」、と家を丸ごと新築のようにリフォームする「リノベーション」があります。まず「建替え」「部分リフォーム」と「リノベーション」比べてみましょう。

〈住まいの選択肢におけるメリット・デメリットの比較〉

20203413513.png

「費用」から見たリノベーションのメリット

建替えの主な費用には、即存の家屋を壊して処分する「解体工事費」、新築する「本体工事費」、ガスや電気の引き込みなどの「付帯工事費」、玄関へのアプローチや門扉などの「外構工事費」、不動産取得税や新築に伴う固定資産税の増加、登録免許税といった「税金」があります。リノベーションなら、「付帯工事費」「外構工事費」「税金」を大きく抑えることができます。また、断熱性の向上は、その後何十年間もの光熱費を削減することができます。建替えやリフォームを考えたとき、まず、費用面の比較から始めてください。

202034131426.png

 

具体的に比べてわかる、リノベーションのメリット

建替えやリフォームの掛かる費用は、「解体工事費」「本体工事費」「付帯工事費」「外構工事費」「税金」と個別に考えなければ、メリットは見えてこないでしょう。特にリノベーションの場合、自分たちには不要な費用、節約できる費用が含まれているかもしれません。そこで、具体例からみた費用をご紹介します。

〈住まいの選択肢における費用の比較例〉

20203413207.png

老後の資金計画から考える、セカンドライフの住まいとお金

セカンドライフを前に、自分たちの暮らしに合ったリフォームを計画される方も多いことでしょう。

「老後の資金計画にリフォーム費用は入っていなかった」「今からローンを組むのは不安」「費用的に可能なら、住みやすい家にしたい」と考えている皆さまに、リノベーションの資金作りをご紹介します。

高齢夫婦無職世帯一か月の平均収支は?

202034132657.png

シニア世代におすすめのリフォームローン・制度

リノベーションにはそれなりの費用が必要です。手持ちの資金では不安だという場合リフォームローンやリノベーション融資制度なども検討してみませんか?

シニア世代でも安心なリフォームローンやリフォーム融資制度が色々あります。

ここで紹介するものは、代表的なものですが、銀行や信販会社を始め、LIXILリフォームショップに相談してください。

 

202034133223.png

「品質」から見たリノベーションのメリット

「経年劣化」という言葉が示すように、家は建てたその瞬間から雨風に打たれ、太陽光にさらされ、過酷な環境のもと劣化が始まります。

逆に、家に関わる技術革新は進み、年を経るごとに高品質でデザイン的にも優れた部材や設備仕様が登場しています。

劣化した家を全面的にリフォームして優れた部材に変えれば、耐久性・断熱性・耐火性・防犯性などが格段に上がります。

リフォームを検討する上で、家のどのような品質が向上するか、細かく検証していきましょう。

20203413455.png

 

 

Facebookはこちら!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hayasi-k.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/461

  • ローン・補助金 住まいに関するお金のお得情報 林工務店では、補助金サポートもしています
  • 空家管理でお困りの方!
  • 住まいのリフォーム費用をクレジットカード・ローンで支払えます。
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル 0120-884-728