ホーム>スタッフブログ>新築二世>新築二世 パッシブ住宅 対応モデル
新築二世

新築二世 パッシブ住宅 対応モデル

パッシブ住宅は、ドイツ生まれの先進的な省エネ住宅です。1991年に、ドイツの物理学者ヴォルフガング・ファイスト博士が発案し、ファイスト博士が創設した「パッシブハウス研究所」で、パッシブ住宅の厳しい省エネ基準が確立されました。その後パッシブ住宅は優れた経済性が評価され、ドイツやオーストリアで普及し、近年はアメリカ、韓国でも建設されています。

日本においても徐々に、パッシブ住宅の認知度が高まっており、日本の気候風土に合ったパッシブ住宅を建て、自然エネルギーの恵みを受けながら快適に過ごす人々が増えています。

新築二世では、「建物性能」と「省エネ設備」でパッシブ住宅を構成。そして、建物性能のなかでも、とくに「断熱・気密」「日射取得」「日射遮断」「自然風使用

」「蓄熱」などの設計工夫を取り入れた「パッシブ住宅 対応モデル」をご用意しまた。

自然エネルギーを上手に活用して、快適に暮らせる住まいのリフォームをお手伝いいたします。

202047115338.png

パッシブ住宅とは?

202047115511.png

基本プラン

20204711571.png

設計のポイント 建物性能

パッシブ住宅を構成する要素の一つは「建物性能」の向上です。

ここでは、建物性能をアップするために必要な「断熱強化・躯体高性能化」「パッシブ設計の工夫」について紹介します。

202047115820.png

仕様・設備① 建物性能

パッシブ住宅を構成する要素の一つ目は「建物性能」の向上です。

ここでは、建物性能をアップするために必要な仕様・設備について紹介します。

2020471203.png

仕様・設備② 省エネ設備

パッシブ住宅を構成する要素の二つ目は「省エネ設備」の導入です。

ここでは、節電・節水のために必要な仕様・設備について紹介します。

20204712110.png

 

 

 お困り事がありましたら、どんな小さな事でもかまいませんのでお気軽にご相談下さい。

LIXILリフォームショップ 林工務店

Facebookはこちら!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hayasi-k.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/479

  • ローン・補助金 住まいに関するお金のお得情報 林工務店では、補助金サポートもしています
  • 空家管理でお困りの方!
  • 住まいのリフォーム費用をクレジットカード・ローンで支払えます。
  • お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル 0120-884-728