フルリフォームとは?

フルリフォームするメリット・デメリットを解説

住まいの住環境を快適なものにする方法に、フルリフォームという手段があります。フルリフォームすることで、住環境は格段とよくなり、住みやすさや建物の機能性が向上可能です。

しかし大規模なリフォームであるため、フルリフォームとはどういうものかをよく知っておく必要があります。 ここではフルリフォームのメリット・デメリットについて、解説していきましょう。

1. フルリフォームについて

その名の通り骨組み以外、すべてリフォームすることをフルリフォームといいます。業者によっては定義を区別しているところもありますが、“スケルトンリフォーム”とも呼ばれるものです。
マンションの場合はコンクリートの地肌が見える部分まで、壁などを解体します。戸建ての場合は基礎や柱などの基盤だけを残し、屋根も壁も解体し躯体の状態にして間取りから設計する、大きなリフォームのことです。
フルリフォームを検討するきっかけは、さまざまです。主に下記のようなときにて、フルリフォームを検討するケースが多いでしょう。

• 中古物件を購入したとき
• 家族構成・ライフスタイルが変わったとき
• 建物が老朽化したとき
• 暮らし方が変わり使い勝手の悪さを感じるようになったとき
• 耐久性や断熱性など家の機能をアップしたいとき

たとえばマンションをフルリフォームする際は、事前に管理組合への申請が必要です。申請が許可されなければ、工事は行えません。中古マンションを購入してフルリフォームを検討される場合は、事前に管理組合へ確認するようにしましょう。

1-1. 構想を明確にしておく

大掛かりなリフォームとなるため、失敗はしたくありません。フルリフォームで要望を実現するためには、事前にプランをしっかりと立てて、目的や要望を明確にしておくことで失敗を回避できます。
部屋の配置やどのような設備を導入したいかなど、ある程度プランを立てておきましょう。業者に依頼する段階でプランの作成に時間がかかり、不要な工事まで依頼してしまうこともあります。余計なコストが発生してしまうことも、少なくありません。

1-2. 複数の業者から見積もりを取る

業者によって見積もりの金額が異なることも多いので、依頼の際は2~3か所の業者から相見積もりをもらうようにしましょう。
数社から相見積もりを取ることで、業者ごとの工事の内容や条件の比較もできます。また単発で依頼するのではなく、できるだけ同じ業者でまとめて発注できるところに依頼する方が、価格がお得となる場合も多いのです。

1-3. 助成金制度を知っておく

国や各自治体ではフルリフォームに関して、助成金制度を設け実施しています。自治体では各自治体によって、申請方法や条件などが異なります。適応条件を調べ、条件を満たして入れば補助金を利用すると、費用の負担を抑えられるでしょう。
自治体にもよるものの、助成金は基本的には工事開始前に申請する必要があります。着工後に申請すると、いくら適用条件を満たしていても補助金が得られないため、注意してください。

2. フルリフォームのメリット

建物の住環境変えるには、フルリフォームのほかに“建て替え”という手段もあります。ここでは建て替えに比べてフルリフォームのほうがよい、そのメリットを解説しましょう。

2-1. 建て替えより費用が安い

フルフォームは通常のリフォームに比べると、もちろん費用は高くなります。しかし建て替えに比べれば、予算を抑えられるのです。
フルリフォームも解体費用や廃材処分のために、お金がかかります。しかし既存の建物を解体する建て替えよりも規模は小さいので、建て替えに比べると費用は安価です。
また建て替えとなると、不動産取得税や登録免許税などの税金がかかる場合もあります。しかしフルリフォームはかからないのが特徴です。

2-2. 工期が短い

建て替えよりもフルリフォームのほうが工期も短く、早く工事を終えられます。そのため工事完了までの仮住まいでの生活も短くて済み、その間の家賃など抑えられることもメリットです。

2-3. 安全性・機能性をアップできる

大規模に内容をかえるフルリフォームでは、安全性や機能性を向上させられます。

• 耐震性・断熱性
• 機能性
• 省エネ対策
• バリアフリー化
• 長期優良住宅化

上記のような価値を建物にプラスできるフルリフォームは、プラスされた価値によっては減税制度の適用に該当するものもあります。税金が安くなることもあるでしょう。

3. フルリフォームのデメリット

建て替えに比べメリットがある一方で、デメリットもあります。ここからはフルリフォームのデメリットについて、解説していきましょう。

3-1. 構造上間取りに制限が出ることもある

マンションだけではなく戸建ての場合も構造上、大幅な変更に制限がでることもあります。建て替えの場合は基礎もない状態から作り上げるため、自由に設計が可能です。
しかしフルリフォームは建物構造の問題に引っかかると、間取りなどに物理的に制限がでてしまうのです。建て替えに比べて自由度は下がるという点は、フルリフォームのデメリットといえるでしょう。

3-2. 一時的な引っ越しが必要である

通常のリフォームの場合は住みながら工事を行ってもらえます。しかしフルリフォームの場合は戸建てなら躯体のみ、マンションならコンクリートの壁にのみとなるほどの工事です。
そのため仮住まいへの、一時的な引っ越しを余儀なくされます。フルリフォームでは仮住まいへの引越し費用、仮住まいの家賃などリフォーム以外の費用も必要です。

4. まとめ

フルリフォームは立て替えに比べると工期も短く、費用も低いものです。しかし大幅に住環境を変えることになります。理想の住まいを実現させるためには、最初に目的やどうしたいかという要望を明確にして、信用できる業者と打ち合わせすることが大切といえるでしょう。 また建て替えよりは安価なものの、それでもまとまったお金が必要です。国や各自治体の補助金制度を調べて、適応できる場合は賢く利用するようにしましょう。 兵庫県加古郡の「株式会社林工務店」は、総合住生活企業「LIXIL(リクシル)」が運営するリフォームフランチャイズチェーンです。地域に根ざしたお住まいのリノベーションのご提案や安心の施工、ご要望にお応えするサービスをご提供しています。ライフサイクルにあわせた最適なリフォームの提案をいたします。ぜひともお気軽にお問い合わせください。

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031