耐震工事は絶対に必要なの?

検討すべき建物について詳しく解説

地震大国の日本では、命を守るために耐震工事が欠かせません。定期的に耐震診断を行ったり、住宅診断を依頼したりして、必要に応じて耐震工事を行うことが大切です。

しかし、表面上では頑丈に見える住宅も多く、どういった場合に耐震工事を行うべきかわからないと不安に感じている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、耐震工事の内容や検討すべきケースについて詳しくご紹介します。

1. 耐震工事とは

まずは、耐震工事とはどのような工事なのかをご紹介します。

1-1. 耐震工事とは

耐震工事は、その名前の通り地震に耐えられるように建物を補強する工事のことを指します。家の倒壊を防ぎ、大切な命を守るために大切な工事となっています。耐震工事と一言でいっても、そのやり方は家によって大きく異なります。なぜなら、地盤や家の構造、状態、築年数によって必要な工事が異なるからです。耐震診断を行った上で建物の状態を把握し、その家に合った適切な工事を行うことが大切です。

1-2. 耐震工事と免震工事の違い

耐震工事とよく似た言葉に、免震工事という言葉があります。耐震工事には地震に耐えられる住宅にする工事という意味があるのに対し、免震工事には建物に伝わる揺れを少なくする工事という意味があります。またそのほかにも、制震工事というものがあり、制振装置を建物の内部に入れることで地震の揺れを吸収するための工事となっています。

1-3. 耐震工事に欠かせない耐震診断とは

耐震工事を行うためには、まず耐震診断を受けなければなりません。耐震診断では、さまざまな角度から建物の強度が計算されます。評点が1.5以上であれば倒壊しない、1から1.5であれば一応倒壊しない、0.7から1未満であれば倒壊の可能性あり、0.7未満であれば倒壊する可能性が高いと判断されます。これらの評点が1.0以上になると建築基準法相当の耐震性があると認められるため、基本的には1.0以上が目標とされています。

2. 耐震工事を検討すべき建物

耐震工事を検討すべき建物としては、過去に大きな地震を経験した住宅があげられます。表面上は何事もなかったように見えても、内部の構造がダメージを受けていることが考えられます。一度耐震診断を受けることをおすすめします。
また、1981年に新耐震基準が設定される前に建てられた建物の場合には、震度6以上の地震が起こった際には倒壊してしまう可能性があります。早めに耐震工事を検討するようにしてください。
そのほかにも、1階がガレージである建物、窓の多い建物、吹き抜けがあり床面積が不足している建物、 建物の平面が複雑な形状をしている建物なども地震に弱い傾向にあるため耐震工事を検討するのがおすすめです。
また、強い風が吹いた時や大きな車がそばを通った時に家が揺れていると感じる場合には、建物の構造が弱まっている可能性があります。まずは、一度耐震診断や建物診断を受けてみましょう。

3. 具体的な耐震工事の内容とは

次に、具体的な耐震工事の内容についてご紹介します。

3-1. 基礎を補強する

基礎がしっかりとしていない建物は、地震による倒壊の可能性が高くなります。まずは基礎をしっかりと補給することが大切です。基礎の補強では、コンクリートを増し打ちしたり、ひび割れてしまった部分を補修したりします。さらに、基礎の表面に特殊なシールを貼ることで地震への強度を高めることもあります。

3-2. 接合部を補強する

建物の構造を強化するためには、接合部分の補強も欠かせません。土台や柱、壁や梁などの接合部分を専用の金具や接着剤で補強する工事が行われます。

3-3. 壁を補強する

建物の強度を高めるためには、壁を補強するのも1つの手です。壁が少ない場所に新たな壁を作ったり、耐震用のパネルで現在ある壁を補強したりすることで、より建物自身の強度を高められるでしょう。なかでも、パネルを使った壁の補強は比較的簡単に行えるので、短期間で工事を終了させたいという方にもおすすめです。

3-4. 屋根を軽量化する

耐震と一見あまり関係がなさそうな屋根ですが、屋根に重さがあると建物の揺れが大きくなってしまいます。そのため強度が高く、軽い屋根に変更することで、より耐震性をあげることが可能です。揺れによる落下の危険がある瓦タイプの屋根から、軽くて頑丈なガルバリウム合板や防災瓦に交換したりするのがおすすめです。

4. まとめ

今回は、耐震工事について詳しくご紹介しました。いつやってくるかわからない災害に備えて、命を守るための準備として最優先事項で行う必要があります。各自治体によっては耐震工事に関わる税額控除や補助金制度が充実しているところもため、ぜひリフォーム会社に相談してみてください。 兵庫県加古郡にあります「株式会社林工務店」では、補助金を最大限に活用した耐震工事をご提案させていただきます。弊社代表は、阪神淡路大震災を経験しており、補助金制度を活用した耐震工事の推進を使命としてお客様の生活事情に合ったリフォームのご提案をさせて頂いております。部分的な耐震補強も可能なので、予算が少ないという方もまずはお気軽にご相談ください。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30